ひきこもりクエスト

ひきこもりが何と戦ってるかって?自分の中にいる怪物だよ

ラファエル・カブキンが紹介していたスマホアプリ「得BUY」が怪しさ満点

闇の組織

こんにちは。お布団の中の勇者ヒキコ・モリです。若者のトレンドに乗り遅れないようにYouTuberの観察を始めた私ですが、まずひとこと言わせてほしい。

動画配信者の闇、マジで深い。

続きを読む

【炎上】ラファエルのDiorカフェ動画について、ひきこもりが語る

中の人

こんにちは。お布団の中の勇者ヒキコ・モリです。

ヒカキン氏とはじめしゃちょーしか知らなかった私も、ついに「ラファエル」「カブキン」という新しいYouTuberの名前をインストールいたしました。ラファエルさんは白い仮面のマッチョ、カブキンさんはヒカキン亜種の白塗りのYouTuberです。

そのラファエルさん&カブキンさんがDiorカフェで撮影した動画が燃えておりました。

【問題になった点】
  • 無許可で撮影
  • 態度が悪い
  • 周りのお客の顔にモザイクをかけない(自分達はモザイク有)

ラファエルさんは当初、許可を取っているとコメントしていましたが、嘘だとバレると動画を消し、申し訳程度に修正して再アップしています。目的は動画を消すことではなく、都合の悪い自分のコメントを消すためだったのではないかと噂されています。

グダグダな展開ですな。

「反省の色なし」ということで好感度はだだ下がりみたいです。私は今回のことで逆に興味を持ちましたよ。

ヲチ物件として面白いじゃないですか。

“好きなことで生きていく”危うさ

ネットが普及した今は、誰でも動画を撮影してYouTuberになれます。しかし、どんなに有名でも、YouTuberは基本的に一般人。企業案件以外はまともなチェックが入らないんでしょう。

だからこそ、スポンサーにガチガチに縛られているTVでは放送できないような過激なこと・面白いこともできますが、作り手の感覚任せなので質がバラバラ

何より問題なのは、暴走した時に止める人がいないということ。視聴者の感性とズレていても、気がつかないまま進んでしまう危険性があります。

今回の動画ではラファエルさんも大概ひどいけど、バーター(?)のカブキンさんの素行の悪さが目立つ。

あの白塗りを連れて歩くなら、もう少し調教したほうがいいと思います。

バンドマンはゲスが多いよ

カブキンさんはバンドマン出身だから、下品でも不思議はないと私は思いました。

変わり者揃いの芸能界でも、バンドマンと芸人の世界は独特なものがあります。一昔前は、無茶をするのが格好いいみたいな風潮がありました。

酒の席で羽目を外すのは当たり前で、警察に捕まるのも話のネタ。破天荒に生きた奴が伝説だ、みたいな狂った価値観。

黒夢やLUNASEAあたりと同世代のバンドは相当好き放題やってましたよ。

そもそもお笑いや音楽は、モテたいとかアイドルと付き合いたいという不純な動機で始めるものです。

才能はあっても常識は無い。

とくに金と女には汚いよ。川谷絵音を見ればわかるでしょ。

「皆さんに楽しんでほしい」なんて、純粋に思っているわけがない。

カブキンさんはカメラの前だから悪ノリした部分もあるだろうけど、「まぁ、そんなもんだろう」って感じ。

ふなっしーのプロ意識

ラファエルさんもカブキンさんも素顔を隠す「キャラ系」のYouTuberですが、キャラ系の最高峰は、ゆるキャラの「ふなっしー」だと思います。

ふなっしーは、初見ではマジ●チですよ。映したらアカンやつ。あの顔といい、動きといい、甲高い声といい、到底お茶の間向きじゃない。

でも、トークが安定して上手いですよね。頭の回転が早くて愛嬌がある。中の人の話題でいじられても絶対にキャラを崩さない。どんな時でもふなっしー

キモかったはずなのに、見ているうちになんだか可愛く思えてくる。第一印象でマイナスだった部分が、どんどん加点されていく。

少女漫画でよくある、第一印象が悪いヒーローにヒロインが惹かれていくシチュエーションですよ。ただのゲテモノで終わらなかったのは、中の人がそのへんの大衆心理を心得ていたからでしょうね。

ふなっしーの中の人は、顔出しのリスクを負わない代わりに、黒子に徹している。あれだけ売れたんだから、ふなっしーの中身が自分だと言いたくなったこともあるはず。それでも、自分の正体を明かさなかった。そこがプロ。たとえネットで身バレしようが、ふなっしーであり続ける。

ラファエルさんやカブキンさんは中の人が存在感出しすぎ。カブキンさんの場合は、メイクをしてないと人格まで変わるみたい。よくキャラがブレる。それならせめて、ピコ太郎と古坂大魔王くらいの使い分けをしてほしいなあ。

ラファエルさんもSNSで仮面なしの写真をアップするのが好きだよね……。いくら顔の一部しか見せていないといっても、髪型とか服装でバレるって!

私生活は邪魔されたくない、でも有名になりたいという考えは甘いんじゃないかな。やっぱり、ふなちゃんは別格だと思いました。

こだわりと偏見のゾンビ

ゾンビ

 いい加減だから、甘えているから、ひきこもりになるんじゃないよね。

ひきこもりになる人はストイックな完璧主義者が多いんです。孤高の勇者。

私も多分に漏れずその傾向があります。でも「こだわりが強い」だけで本物の「完璧主義者」じゃないような気もするなあ……。昔の知り合いが絵に描いたような完璧主義だったせいかもしれませんが。

続きを読む

「情熱を持てないことを仕事してほしくない」と言いたくなる歯痒さ

空

こんにちは。お布団の中の勇者ヒキコ・モリです。

定例のお仕事報告の時間だよ☆

仕事の話がこのブログで一番つまらないコンテンツかもしれませんが、まあ聞いてください。

私は意識高いキラキラな話はしません。クライアントに媚も売らない。率直にありのままに書きます。

続きを読む

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」レビュー/魔法動物ゲットだぜ!

映画

こんにちは、お布団の中の勇者ヒキコ・モリです。

アマゾンでお買い物をしたらプライム・ビデオのクーポンをもらいました。そこで勇者も戦いの手を休め、映画鑑賞することにいたしました。

今回セレクトしたのは、全世界販売部数4億部超えの大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ作品「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅(字幕版)」。

舞台をイギリスからニューヨークに移し、アカデミー俳優エディ・レッドメインを主役に迎えたハリポタファン待望の新シリーズです。

続きを読む

ネットで見つけた神様

god

ついにこの話をする時が来た。

生涯忘れることはないだろう、あの人のこと。

――神様。

私の人生は神様と出会う前と出会った後で大きく変わりました。親友と呼べる初めての人でした。岩井志麻子にとってのシベ超のようなもの、と言っておきましょう。

続きを読む

ヒキコ・モリはどくにおかされた!

ブタ

こんにちは。お布団の中の勇者ヒキコ・モリです。

私は自分自身をモルモットにして、ガチのひきこもりをクラウドソーシングで働かせるという実験を行っています。ブログはその実験結果を発表する場も兼ねています。

さあさあ見てってちょうだいよ。リアルひきこもりショーのはじまりはじまり~。

続きを読む